酒やめて人生変わった一覧

酒をやめると、暇と金が手に手を取ってやってくるよ!

酒やめて1130日。暇も金もない、あるいは暇はあるけど金がない、とは、巷でよく聞く言葉です。金はあるけど暇がないという人も多いと思いますが、この場合、あまり口には出しませんよね。日本人の美徳として金があるとはなかなか言えないということもあると思いますし、まあ現実に金があると吹聴するといろいろ問題も起きてきそうです(笑)。

酒やめてから始めたプランクの、やる気促進機能は半端じゃない件。

酒やめて1125日。今、朝起きたらプランクしています。プランクというのはご存じの方も多いと思いますが、うつぶせになって前腕と肘で身体で支えて我慢(?)する筋トレの一種です。身体が一枚の板(=プランク)のようになるのでこの名称があるそうです。上の写真のような姿勢です。

確定申告で実感! 酒やめるとタスクが超絶サクサクこなせてしまう件。

酒やめて1123日。確定申告が終りました。昨年は初めてのe-Taxということもあって結構手間取ったのですが、今年は本当にあっという間に済んでしまいました。2月は仕事が立て込んでいて、でもそのすきま時間にちょこちょこやって、仕事が一段落ついた途端、ほんの数時間で仕上げて提出したという感じですね。

他人に期待するな。でも自分には期待しろ。

酒やめて1122日。昨日、自分の子どもに期待しすぎるがゆえに、ともに不幸になってしまいがち、という話を書きました。ただ文章力のなさからか上手く伝えきれなかった部分もあるような気もしていますので、「他者への期待」ということについて、もうちょっと掘り下げてみたいと思います。

酒やめれば、便意の「奴隷」から解放されて「自由民」になれるよ、という話。

酒やめて1114日。今回は尾籠な話で恐縮です。今、ともに断酒をがんばっている断酒友でかつての飲み友は、とにかくいつもお腹がすっきりしていないと気がすまないタチで、一緒にいてもやたらトイレを探すという状態でした。そしてそれを私はいつも「便意の奴隷」と揶揄ってました。

美意識が高すぎるがゆえにアル中になる!? そして断酒すれば、自分で自分に納得できます!

酒やめて1110日。三連続のマッキー話で恐縮です。あまりにも象徴的なものですから。なぜマッキーはじめいわゆるアーティストと呼ばれる人たちが、違法ドラッグに手を出してしまうのか。もちろんプレッシャーもあるのでしょうが、それに関連して、本人の美意識が高すぎるということが挙げられるのではないかと思います。

断酒ブログなど恥さらし系ブログを書くにあたっての問題点について考えてみた!

酒やめて1100日。林真理子さんの小説に『星影のステラ』という作品があります。林真理子さんは、あの有名な『ルンルンを買っておうちに帰ろう』でデビューしたのですが、小説としては『星影のステラ』が処女作だそうです。これ以降、林さんはエッセイストというよりも小説家として大家を成していくわけです。

100記事書いてみて分かった気もする。「断酒ブログを書く」ということ。

酒やめて1099日。今日でこのブログも100本になりました。酒やめて1000日めから書き始めて1099日だから100本です。ブログを100本書くと何かが変わる、とりあえず100本まではがんばってみようとよく言われます。私もそういう気持ちで始めました。ネタ切れがないよう事前に100本程度は用意していました。

「俺なんかいつ死んでもいいんだ」症候群から抜け出した朝のこと。

酒やめて1097日。飲酒時代、朝、目が覚めて、いつも最初に思うことがありました。死にたい。毎朝、この思いとともに目覚めていたような気がします。一つには二日酔いが酷かったこともあります。肝機能が年々低下し、アルコール分解に時間がかかるためでしょう、毎朝、酷い二日酔いで、その状態が「死にたい」になっていたのだと思います。

酒はやめた。だからもうこわくない。いや、本当に。

酒やめて1096日。断酒4年目突入です。当初は1年くらいはとりあえずがんばってみようてな気分で始めたのですが、さまざまな要因に恵まれ、何とか3年間続けることができました。これについては昨日書いてありますの、参考にしていただければ幸いです。そして昨日書いたことのほかには、やはりこのブログを始めたことも大きいと思います。