酒やめて人生変わった一覧

快楽ではなく快適を追求すれば、人生上手くいくんじゃないかという仮説。

酒やめて1596日。ここのところ、人類分化説(?)を唱えさせていただいていますが、しつこいようですが今日もそのことについて語らせていただきます。誰にも頼まれていませんけれども。人類が分化していっているのではないか、若者の酒離れなどはその一局面であるのではないか。

時間というものに最大の価値を置くと、生活&人生マネジメントが上手くいくよという当たり前の事実に今さら気づいた断酒者がいますよ(苦笑)。

酒やめて1594日。いやしかし、毎度毎度で大変恐縮ではありますけれども、本当の本当の実感なので書かせていただきますが、酒やめると時間がわさわさ湧いてきます。なので、その時間の割り振りというか使い方に思いをいたすようになるのですね。

断酒と筋トレと若返りは、手に手を取ってやってくる!?

酒やめて1580日。ずっと出張に出ておりまして、サーフィンはもとよりランや筋トレの類ができません。まあ筋トレだけは、のがトレをホテルのベッドの上でちょっこりやったりはしているのですが。でもって、身体が運動させろよあああああ! と訴えかけてきます。

断酒後も身体はやっぱり疲れるけれども、脳が疲れなくなった。これ実感しますわ。

酒やめて1578日。現在、長期出張中です。早くおうちに帰りたいなあとは思いますね。誰が待っているわけじゃないし、ときどきアシダカ軍曹閣下がお迎えしてくれますけれども(苦笑)。私は普段、自宅でのデスクワークが中心ですが、出張中はやっぱり外で人に会ったりとかが多いです。

「酒をやめることは時間を自分の味方にすることでもある」と、やっと気づいた断酒者がいますよ(苦笑)。

酒やめて1576日。いや、本当に毎度毎度で申し訳ありませんが、酒やめて実感するのはやはり時間が湧いてくるということですね。で、時間がたっぷりあるからこそ、その時間を自分の思うように使えることを今、堪能しております。

酒を飲み続けていると、「自由」がどんどん失われてしまうよという話。

酒やめて1574日。先日、Twitter上で私が勝手に断酒仲間認定している廃人@修行中さんが、「酒をやめて酒代と余計な食費が減って毎月3〜4万円出費が減りました」とつぶやいていました。いやあーこれ、わかるんですよ。飲酒時代の酒代だけで、今やすべての生活が賄えるぐらい、という感覚。

その対人恐怖症、酒が引き起こしていたものなのかも!?

酒やめて1552日。いやあー連休終わってしまいますね。しかしこの連休、私としては大いなる成果がありました。連休中にやってしまおうと思っていた仕事が、なんと4日中に終わってしまったのですね。おかげで本日は、閉鎖されていない駐車場を探して海に行くことができました。

酒やめたら、(低)年金だけでも生きていけるんじゃないかと思うこれだけの理由【酒代が必要なくなるから、だけじゃありません】

酒やめて、1550日。現在、老後のロールモデル本というものがプチブームのようです。そりゃそうですよね。年金不全+「年金のほかに2千万円貯めろ」+70歳までの雇用確保+副業解禁という4点セットで、老後は自分で何とかしなさいがデフォの世の中になることが明らかですから。