酒やめて人生変わった一覧

【断酒者発】人生のテーマを「幸せの追求」ではなく「快適の追求」にすれば、人生めちゃくちゃラクになるよねという話。

酒やめて1522日。以前、「酒やめて幸せになるかどうかはわからないけど、人生、快適になるのは間違いないです」といった話を書かせていただきました。そうなんですよ、酒やめると人生は超絶快適になります。

酒という錘をつけて生きてきたわけだから、それが外れると生き方が軽やかになるのは当たり前ですよね。

酒やめて1518日。酒やめて4年とちょっとになるわけですが、今しみじみ思うのは(こればっかりで申し訳ないす)、仕事、あるいは生活にまつわる諸々、いわゆるタスクってやつが、本当にサクサクこなせるようになったなあということです。これはマジ実感しています。

断酒は我慢というけれども、酒さえ我慢すれば他のものは何も我慢しなくてよくなるという話。

酒やめて1510日。酒やめて4年とちょっとになるわけですが、しみじみ思うのは、いろいろ我慢しなくなって良くなったなあということですかね。というと、断酒とは酒を我慢することではないかと言われそうですが、でも逆に酒さえ我慢すれば、他のものやことは我慢しなくていいといったことを訴えたいのであります。

人生の諸問題を抱えすぎて、それから逃げるために酒飲んでいたけれども、酒やめて向き合ってみると、ほとんどの問題が解決可能だった件。

酒やめて1502日。そういえば一昨日、断酒1500日を迎えたのでした。そしてこの記事が400本目となります。で、そうした節目、というほどのことでもないのだけれども、振り返ってみると、表題のようなことが一つ言えるのではないかと思います。

酒やめて幸せになるかどうかはわからないけど、人生、快適になるのは間違いないです。

酒やめて1496日。飲酒時代の私の人生のテーマは、イベントフルな人生といったところでした。毎日、新しい何かが起きて、という感じですかね。今でいうところのパリピ指向なのでしょう。いつもワクワクドキドキして生きていきたいという思いが非常に強くあったのです。

人生は「酒を飲む」か「いろいろやるか」のオルタナティヴである件。

酒やめて1468日。先日、勝間和代さんの本を読んでいて、ふと思ったことがありました。果たしてこの人ってお酒を飲むんだろうか。でもって調べてみると、そうです、断酒者あるいは断酒に興味のある方ならとうにご存じの通り、10年前から断酒しているのですねー。そして断酒行為についても一家言があり発信されています。

酒をやめる×テレビをやめる×ゲームをやめるが最強であるという、当たり前の話。

酒やめて1464日。酒をやめると時間がわさわさ湧いてくるということは、いつも書いていて本当に恐縮です。ただこの件に関しては何度書いても書ききれない――つまり個人的には断酒の最大のメリットの一つだと実感していますので、今日も性懲りもなく、このことに関連して書かせていただきます。

成功体験が少ない人生を送ってきた人間ほど断酒がしやすいのだという謎理論、しかし真実(たぶん)。

酒やめて1444日。よく学校などでは「自分に自信を持つことが大切」というふうに教わりますよね。最近はそういう傾向が非常に強いそうです。ではなぜことさらにそれが強調されるかというと、学校で学ぶ知識や技能というものはもちろん役に立つのだけれども、世の中の変化がこれだけ激しいと、今学んだことが先々本当に自分の人生を支えてくれるのかといえば、それは不透明だからです。

酒やめて人生が「あせり」ベースから「ゆとり」ベースへと一大転換した。これは劇的と言っていいのではないか。

酒やめて1440日。酒をやめて劇的に人生が好転するか否か。これはよく(断酒界隈では)議論されるところです。私自身でいえば、劇的かどうかはわかりませんが、地味に好転していると感じる局面はいくつもあって、その一つはやはり時間ですね。