酒さえ我慢すれば他のことは我慢しなくていいんだから、ラク~なもんですよ。

酒やめて、2028日。

生活のミニマム化で手に入る自由もある!

毎度毎度で申し訳ありませんが、断酒という行為は非常におトクであります。最強のライフハックです。その辺のことを本日も書いてみたいのですが、やっぱりその最たるものはタイトル通り、酒を我慢してるんだから他の大抵のことは我慢しなくていい( -`д-´)キリッ ですね。酒をやめるというただ一点とトレードするかたちで、圧倒的な自由を手に入れることができます。

それはどういうカラクリなのかというと、いろんな要因が複雑に絡み合い、また私の体験に基づく考えでしか言えないし、さらに私の文章力で上手く伝えきれるかどうか心もとなくはありますが、絶対的に一つ言えるのは、これまたいつもで恐縮ですが、生活ミニマムになるということです。お金がかからない人生になる。単に酒代がかからないだけでなく、酒を飲むということがもたらす性向――つまり人生をなんというか華やかなものにしたいという思いを満たすためのコストがかからなくなります。

ちなみにアル中が深度化すると、今度は一転、体験レスで地味ぃ~になり、かつ酒代だけがかかるという事態に陥りますが、ただ、そういう話を始めると収集がつかなくなるので、ここではひとまず措いておきます。

いずれにせよ、人生がミニマムになると――これは「足りるを知る」でもあると思うのですが、酒を飲んでいた時代みたいにしゃかりきに働かなくていいので仕事も選べるようになります。付き合いたく人間とは付き合わなくても済むということです。だから、ちょっと前にも書きましたが、断酒がもたらす低消費ライフがゆるワーを可能とし、人生イージーモードにしてくれます。

むろん私はフリーランスなので、組織に所属されてる方は事情が違うと思いますし、酒飲まないからといって、じゃあすぐ会社やめられるかというとそれは人それぞれ難しいところかもしれませんが、ただ、いつ会社辞めてもいいしー的な思いと将来的な展望は得られるのではないでしょうか。

と、ここまでが、いわば実際的な側面です。そしてそれ以上に大きいのが、自己肯定感がもたらす自由です。

自己肯定感アップをベースにした「好きなことやらせてもらって……」

たとえば私の場合、酒をやめるということに関して、これはいつも書いてますが、人生で初めてと言っていい大きな成功体験です。

そう、「大きな成功体験」なのですよ。

はばかりながら、偉業と言ってもいいです。今やめられている人は、偉業を達成してるわけです。むろんスリップしても、また始めればいいし、何度もチャレンジし一定期間継続できることも偉業には間違いありません。

で、今、そうした偉業を達成してるのだから、ほかのことはいいんですよ。この断酒という一点豪華主義をもって、他のことすべてを自由にできる。これを美味しいと言わずしてなんといいましょうか。

むろん、これはマイルールであります。しかし断酒しているという自己肯定感は、わりと大きな人生の指針になりますので、他のことを好きにしてもそんなに実害はないし、また周囲の理解も得やすいのです。

もちろんそれは人に迷惑かけるとかそういうことではなくて(言い訳)、自分の人生を自分の好きなように生きる、その無言の実践により、自分と周囲を、力業で納得させられると勝手に考えております。

そして前半に書いた低収入でも暮らせる生活のミニマム化が、その自由さを実質的に支えるという構造ですね。

金持ち喧嘩せずといいますが、ミニマム断酒者も自分の人生と喧嘩しません。あらゆる面で「ゆとり」があるからで、これは金持ちと共通しているものかと。

カテゴリ別インデックスページはこちらです。

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする